なつかしのCM

文明堂のCM名鑑
なつかしのCMから超レアものまで大公開!

動画でお楽しみください。

文明堂豆劇場編

カンカンダンスモノクロ篇

1960年代初頭放映。NHK「私の秘密」に出演したオーストラリアのマリオネット・ショウのノーマン&ナンシーのバーク夫妻制作による動物のカンカン・ラインダンス を文明堂CMとして起用したのがはじまりです。 夫妻は当初、「キャンキャンキャット」という猫のつもりで制作したため、その名残が 今もクマのしっぽに残っています。

ピンクのボータイ篇

1970年代放映。仔グマのカンカン・ダンス第2弾。初期カンカンダンス以降、しばらく別のCMを放映していましたが、仔グマのカンカンダンスが好評だったため、ノーマン・バーグ&ナンシー夫妻に2度目の来日をお願いしました。
仔グマの色はベージュ、リボンはピンクのニューバージョンです。

バトンボーイ篇

1970年代放映。ノーマン・バーグ&ナンシー夫妻2度目の来日の際、様々なバリエーションが撮影されました。
5匹の仔グマ以外にバトンボーイが出演しているバージョンや、5匹が輪になって踊っているバージョンもありました。
仔グマの色はグレーとブラウンでした。

波止場・傘篇

1970年代後半放映。仔グマのCMから一時ペンギンのマリオネットが登場するCMも放映されていましたが、やはり仔グマのカンカンダンスのご要望が多かったので、ノーマン・バーグ&ナンシー夫妻に3度目の来日をお願いし、紫色の仔グマ達が傘を持って踊るバージョン、白い仔グマのバージョンが何本か撮影されました。
このころから仔グマは白に統一されていきました。

ノーマン・バーグ出演篇

1980年代放映。人気の定着した仔グマのカンカンダンスシリーズですが、一体誰が仔グマを操っているのか、と問い合わせが殺到したため、ノーマン・バーグ&ナンシー夫妻に四度目の来日をお願いし、CMにも出演してもらうことになりました。
マリオネットはナンシー夫人の手作り、演じるはバーグ氏です。
カンカン・シリーズ産みの親のお披露目となった記念すべき作品です。

カンカンダンスカラー篇

1990年代~放映中。長年多彩なバリエーションを制作・放映してきましたが、ここで原点に立ち戻り、仔グマのカンカンダンスの本来の楽しさをじっくり見ていただくため、初代バージョンをリメイクいたしました。

「カステラ一番、電話は二番…」
このお馴染みのメロディと共に仔グマたちは今も昔もハツラツとしたカンカンダンスを披露しています。

ページの先頭へ戻る

その他CM

南蛮渡来のカステラ

放映時期:昭和30年代 アニメCM

女の子二人がボール遊び。てんてん手まりの手がそれて、ボールが飛んでいってしまいました。ボールを追いかけていった先にはなんとカステラが。
遠い異国の地よりもたらされたカステラは、その後、日本人の知恵と工夫と努力ですっかり日本のお菓子になりました。

大自動車レース

放映時期:昭和40年代前半 アニメCM

かす太とステラとぶん太が優勝賞品のカステラの獲得をめざして競走です。
ぶん太は好きなステラに勝たせるために、かす太の走行の妨害ばかりします。そのおかげでステラは優勝し優勝賞品のカステラを獲得しました。
しかし、ステラはぶん太の努力に全く応えず、ぶん太は報われません。

蜜蜂のアニメーション

放映時期:昭和40年代中頃 アニメCM

軽快なボサノバ調のメロディーにのって、かわいい蜜蜂がオレンジ畑から飛び立ちます。みんな蜂蜜が入ったバケツを重そうに持っています。そして「ヨイショ」とばかり、みんなでバケツをあけると、コハク色の蜂蜜がタップリかけられてカステラにオーバーラップします。

ページの先頭へ戻る