文明堂のあるまち vol.1 文明堂日本橋本店

まち

2017.11.03
画像
文明堂のある街で働くスタッフが、おすすめスポットやその街ならではの行事についてをご紹介。今回は、「文明堂日本橋本店」のある街、日本橋をご紹介します。
画像

この街を案内するのは…

星野 清マネージャー

入社から44年。シニアマネージャーとして日々お客様に笑顔を届けています。2011年から日本橋本店の支配人に。

この街のシンボルはなんですか?

街のシンボルといえば、やはり日本橋でしょう。1999年に国の重要文化財に指定された日本橋は、1603年に徳川家康が幕府を開いたときに掛けられた橋で、現代の橋は初代から数えて20代目になるそうです。家康は日本橋を五街道(東海道・中山道・日光街道・奥州街道・甲州街道)の起点とし、橋の真ん中には道路の起終点を示す道路元標が埋め込まれています。

画像
画像

お気に入りのスポット、またはこの街ならではの何かがあれば教えてください。

最近の日本橋は高層ビルがどんどん建設されていますが、江戸時代から続く老舗商店や、昔ながらの面影や情緒を感じられる街並みも残っています。長い歴史を感じさせてくれるこのまちが、私はとても好きですね。

街の名物といえば、何を思い浮かべますか?

日本三大祭りの一つである神田祭や江戸時代から続くべったら市など、さまざまな催しがまちの名物です。 中でも私が特にご紹介したいのは、毎年欠かさず参加している、年に一度の橋洗いですね。日本橋界隈の企業や住民の皆様が1500人ほど参加する行事で、参加者が町会・企業の法被を着て一斉に日本橋を洗います。今年の橋洗いも楽しく参加しました。

文明堂日本橋本店は、どんなお店ですか?

日本橋本店は天井が高く広々としているため、閉塞感や圧迫感を感じずに落ち着いてお買い物をしていただけます。ギャラリーやCAFEも併設しており、お買い物の疲れを癒すには最高の空間です。

画像
画像

文明堂日本橋本店ならではの取り組みはありますか?

中央区観光協会様、旅行会社様などからご依頼をいただいて実施している、日本橋地区での「まち歩きツアー」です。街歩きの途中でお店にお立ち寄りいただき、文明堂やカステラなどの歴史についてお話しします。そして最後にお買い物をお楽しみいただくツアーとなっています。ほかには、CAFEで実施する特撰カステラ「希翔、五三、吟匠」の三色食べ比べツアーや、小・中学生に文明堂の歴史を伝える校外学習への取り組みも行なっています。

この街にとって、文明堂はどんな存在でありたいですか?

三越様をはじめ、江戸時代から続いているお店が多いこの街にとって、「ちょっとお茶して一休みできる」ようなお菓子屋さんはあまり多くありません。近隣住民の皆様や企業の皆様にとって、お菓子の買い物はもちろん、CAFEでもゆっくりと楽しんでいただける「憩いの場所」のような存在でありたいと思っています。

画像
画像

最後に、お客様方へメッセージをお願いします。

日本橋本店は『人と人との繋がりの中にある、ほのぼのとした温もりのある幸せ』がサービスコンセプト。これをお客様に体感していただけるよう、販売もCAFEもスタッフ一同頑張っていますので、ぜひお立ち寄りくださいませ!

コラム一覧に戻る
コラムカテゴリー
すべてみる レシピ まち おかし ひと etc

文明堂のお菓子